2018年06月

06D5AC0A-545C-4A59-9314-3D8CE33B67AD

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
子供の幼稚園に行く年数が他のママに比べてやや長めになると
幼稚園での講演で色々な話を聞く機会が増えます

まだ私が幼稚園のママをしている頃
幼稚園で子供の安全に関する話を聞く機会がありました
その話の内容で印象深かった話を紹介します

小さな子供が1人の時は
手を繋ぎ子供を守りやすいですが
2人目がベビーカーの時期は
上の子供と道路で並んで歩く事が出来ない場面がよくあります


その時、子供を
親の前を歩かせるか、後ろを歩かせるか…
あなたが保護者ならどうしますか?

先生「道路で子供と前後で歩く時は
子供を前にして歩きましょう


私はいつも子供を後ろにして歩いていました
子供は突然走り出したりするので
交差点で飛び出しによる車や自転車等と接触がないよう周囲の状態を注意していました

それを否定されたので

なんで!?子供が後ろの方が安全やん!?と思いながら聞いていました
 
なぜ子供を後にするといけないのか…
その理由は…

 先生「過去に親の後ろを歩かせている間に
連れ去り事件がありました


はああああああ???

親と子供の距離はそんなにないのに!?
あの至近距離で大事な子供が連れ去られる!?
信じられない事が起こるんだと震えました
 
この安全に関する話を聞いてからは
親の前を歩かせるようにしました

そんな三姉妹も今ではすっかり大きくなりましたが
今でも私は基本子供の後ろを歩いていますw

怪我も事故もなく家に帰れる事は素晴らしいのです✨ 

F35FA4D0-4BFA-445B-B37C-67988AFC9274

ブラスバンド部に入部した次女
土曜日も頑張って1日練習をしています

次女は自分でお弁当を作って学校へ行きます
なので土曜日のお昼は次女はいません

土曜日のお昼は夕食ほど気合を入れたくないので
カレーを作りました

練習から帰ってきた次女は
部屋がカレーの匂いがしていたのか
夕食はカレーかな?と長女に聞いたら

 お昼がカレーだったから違うな

それを聞いた次女は慌てて冷蔵庫へ
冷蔵庫の中にカレー鍋を確認した次女は…

できたてのカレーが…
食べたかった…


悲しそうに涙をポロポロ…

もう次女がいない時にカレーを作らないと約束しましたw
どんだけカレー好きやねんww 

2A7F150D-48BC-45AC-BF9F-F14D013DCB24
関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
子供が成長するにつれ普通だった日常が変わる事があります

ブラスバンド部に入部した次女は
土曜日も朝から夕方まで練習の日々

わが家は土曜日のお昼になると「吉本新喜劇」を観ます
特に次女はギャグに合わせて楽しそうに笑ったり
役者さんと同じタイミングでネタを言います

そんな明るい子と一緒に今まで観ていたので
次女がいないだけでとても寂しい…

一緒にテレビを見る事が出来ない
とても小さな事だけれど
笑い声が1人欠けたら こんなに静かなんだな

あまり寂しい事を考えても仕方がないので
一緒に過ごす時はいっぱい楽しもうと思います 

86100158-CDC9-49B6-8A3B-82C6F45690DB

今夜はズートピアは地上波初放送ですね
わが家は初めて観るので
特に三女が数日前から楽しみにしています

そのズートピアですが
三女が幼稚園の5歳児クラスの時
曲を運動会の組体操で使いました

運動会が終わった後の懇談の日
担任の先生が

組体操のテーマソング「ズートピア」の曲を聴かせたら
子供達は今でも体が動くはずです


ほほぉぉ…

家に帰り、お風呂上がりの三女に
突然曲を聴かせたらどうなるんだろう…

スマホから曲を流してみたら…

本当に組体操を始めた!!

三女は真剣そのもの!
もう組体操が止まらない!!


その一生懸命な姿を見た長女と次女は爆笑

これからもズートピアと言えば
三女の一生懸命な組体操姿を思い出すんだろうなぁw

※この漫画は2016年10月21日にTwitterで描いたものをデジタルで描き直したものです 

B8EC7CD0-16E7-4492-88A8-6EC3CACCB3C7

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
子供を産む前は、育てるなら
人様に迷惑をかけず
教育も人格も立派な大人に育てたい、という想いがありました
※現在そんな想いほとんどナシ

私は現在3人の子供を育てていますが
1人目、2人目、3人目と生まれるたびに考え方が変わったので
産むたびに熱意が変化していく事を体験をしました

 1人目の時は
自分の事は自分でする力をつけ
5月生まれなので他のお友達よりも早く平仮名や時間を読めるよう
とにかく遅れをとらないように育てようと決めていました

絵本も沢山読みました
 
すでに2〜3人の育児をしている先輩ママ達を見ていて
泣いている赤ちゃんを少し放置したり
(経産婦から見たら全然問題ないレベル) 
子供をあまり構わない姿に
内心では信じられへん…と少し軽蔑をしていまいた

が!

いざ自分も2人のママになると
1人だけ育てていたやり方では到底無理

それぞれに100%の力で育てたい気持ちはあったのですが
育児のパワーは分散しないと私が壊れてしまいます 

そこから3人目になると
家事育児に振り回されず今日1日をどう乗り越えるか、
そして早く寝かそう!がテーマでしたw

三女が生まれた頃は
長女の幼稚園も始まっており環境は激変します 

幼稚園の送り迎えをするため三女が赤ちゃんの頃は
ほとんどベビーカーで過ごさせました

この頃はワンオペ育児だったので、とにかく忙しい日々
力尽きて洗濯を畳む事も出来ない日もよくありました

それでも幼稚園児の長女に対して
子供に良いと思う勉強はどんどんさせたりしていました
でも厳しかったのか束縛だったのか…
長女が萎縮しだしたのでこれはマズイとなり…
育児方針の方向転換が必要と感じました

もうそうなると…
みんな好きに生きろおお
という育児方針になりましたw

今では子供の好きなように自由にさせ
私は手抜きしまくりです

私が子供を怒る時は

寝る時間21時を超えた時
風邪の引き始めの時くらいですw 

寝る時間にうるさいのは
私の自由時間が減るのが嫌という理由ですw

こんな育児ですが、三姉妹は幸せそうに元気に生きていますww 
これでも教育ママと言われた時期があったのは誰も信じてくれないだろうなぁw 

524EFD3E-01C3-4A8E-849C-A3476E88C32A

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
初めての育児は試行錯誤の連続です

赤ちゃんを育てる時期の中で
体力的に1番大変なのは生まれたてホヤホヤの新生児の時期ではないでしょうか
(↑人によるかもしれませんがw) 

ましてや初めての育児は
着替えやオムツ替えもモタつくし
母乳もなかなか上手くあげられない

授乳後のゲップが出なくて諦めて寝かせたら乳を吐き
着替えが必要になったりw 

ミルクをあげると哺乳瓶の洗浄の作業も加わり大変です

赤ちゃんは3時間寝ると聞いていたのに
長女は全然3時間も寝てくれませんでしたw

具体的に書くと
起床から次の起床まで3時間ない状態でしたw
これが毎日…

私は出産前は寝るのが好きだったので
とにかく睡眠不足がつらかったです 

私は赤ちゃんと布団を別々にしていました
その方がお互い質のイイ睡眠が取れると思ったからです

ところがある日
赤ちゃん用のベッドに長女を戻す気力がなくて
私の布団で添い寝をしてそのまま寝ました

不思議と安心感に満たされ良く眠れたのを覚えています

これを機に添い寝をするようにしたら
赤ちゃんにも良い効果があるのか睡眠時間が少し伸び
私自身も赤ちゃんと共に起き寝るようにしたら産後の回復が早くなり元気になりました

赤ちゃんの睡眠時間を伸ばす方法は

赤ちゃんと寝る

とてもシンプルな方法ですが、ぜひお試し下さい

大変な時期ですがママにとって幸せな思い出になりますように 
そして1人で抱え込まず周囲に沢山甘えて乗り越えて欲しいと願っています 

70407F8A-F6E6-447F-BD34-52FE95B3E16E

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
最近では成長してきた子供との会話が成立し
その言葉を信じて安心できるようになってきました

5月から次女は学校のブラスバンド部に所属し
日々練習を頑張っています

土曜日もよく練習があるのですが
初めて練習を休みたいと言い出し
無理矢理行かせて即退部したいと言い出したらいけないので
今回初めてOKをしました

休みたい時は6年生に連絡をすれば休めると次女が言うので
楽チンなシステムやなぁと何の疑いもなく話を聞いていました

そして土曜日の朝
まだゴロゴロとスマホを触っていたら
突然の着信

かけてきた相手は顧問の先生から!

ビックリし過ぎて
ベットから飛び起き
何故かおはようございますを3回言っていたらしい
↑近くにいた長女から言われたw

次女はちゃんと休む事を6年生に連絡していたけれど
母親から先生へ欠席の連絡が必要との事…
そりゃそうだよね、オカシイと思ったよ…

 土曜の朝から次女にやられた… 
子供を信じると、こんな日がたまにある…

↑このページのトップヘ