IMG_0078

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴ(Twitterはこちら)です

小学生の頃
九九はしっかり学習したという方は多いのではないでしょうか

九九は徹底的に覚えさせられますね
これは何年たっても変わっていません

九九ができないと
これからの算数が解けなくなります

なので親も必死です

長女次女の時は
お風呂に九九の表を貼ったり
九九の歌で踊りながら覚えたり
いろいろな方法で学習をしました

三女ですが…
宿題で出ても、九九カードを1回読んでおしまい

明らかに学習量が違う…

そんなやり方で過ごしていたら
抜き打ちで九九を言えるか先生の前でテストがあり
バツをくらった三女

その日の宿題をする様子が

「九九嫌いやあああ!3×4(さんし)言いにくいいいい」

九九独特の言い方(さんご、しさん等)を覚えるのが嫌だ!!
小学校へ行きたくない!まで発展し
散々泣きわめき、この日は大変でした

次の日、一生懸命 3の段を勉強した三女
生まれ変わった三女にびっくりした私は
あんなに嫌がっていた九九を頑張ろうと思った理由を聞いたところ

友達が家で九九を30回やっていた話を聞いて
自分も頑張らないといけないと気付いたそうです

お友達ありがとう…

親が必死になって
大人になって九九ができないと…うんぬんかんぬん…説明するよりも
友達の一言で学習態度が変わるのを目の当たりにしました

きっかけは何になるか分からない
親がイライラしたり焦らず、見守りが大事なのかなと思った出来事でした