パソコンで作業するのも面倒くさがるへっぽこ主婦でも
スマホ一つでLINEスタンプを作ることが出来ました!!

以前から作ってみたいと思いつつ…
本やネットで記事を読みましたが「背景透過?」「LINEクリエイターズマーケットで手続き??」(白目)

そんな私でも作れる時代が来ました!!

iPhoneと2つのアプリを使用しました
アイビスペイント(イラスト用)とLINEクリエイターズスタジオ(申請用)です



さぁ!絵を書こう!

アイビスペイントのマイギャラリーから
→左端にある「+」をタップ
→新規キャンバスで「LINEスタンプ」を選択

絵を描く(あまり画面いっぱいにしない方がいいそうです。上下左右 少し空間を残しましょう)

絵を描く時のオススメの機能はレイヤーです


背景、線画、色つけを分ける事で失敗が減り修正もしやすくなります

仕上げ段階の時点で構わないので、背景を黒の透過にすると塗り漏れが発見しやすいので ぜひ確認しましょう

背景を【透過で保存】

販売個数は8個から可能です
8個、16個、24個、32個、40個のどれかでイラストを用意します

私は16個で挑戦しました
この数なら無理なく作ることができました


さぁ次は申請です
これは不安かな?大丈夫です
へっぽこ主婦が出来たのですから(^ω^)

「ラインクリエイターズマーケット」と検索したら

このような画面が出ます
「登録はこちら」をタップ


ここからアプリをダウンロードします

後は

タイトル入力(ファイル名感覚)

カメラロール選択

アイビスペイントで描いた絵を選択

トリミング

背景削除

スタンプ完成


スタンプの用意が出来たら基本情報入力になります

販売個数を選択

メイン画面にしたい絵を選択
メイン画面とは下の写真にある左上の〇にあたる画像の事です
(タブ画像にも反映します)




メイン画像タブ画像用に別の絵を用意しなくて良かったのが楽チンでした

販売する絵を選ぶ時があるのですが、タップした順番に並ぶので、絵が並んでいるイメージをしながらタップするといいですね

販売情報を入力
ここでは日本語と英語でタイトルと説明文を入力するところを乗り越えれば大丈夫

私は英語が苦手なのでネットで翻訳してコピペ、ではなくローマ字で日本語の文章を書いてしまいましたが審査通過しましたwww

なぜローマ字にしてしまったかと言うと
「これで申請しますか?」というプレビュー画面が英語表記バージョンだったからです

このまま この英語表記の方が日本で反映になったら、一部の人しか読めない思いローマ字で申請しましたww

でもこの心配は無駄に終わり、販売時は日本語になったので、英文で入力してぜひ世界中で販売してくださいね/////(販売エリアの選択ができます)

情報入力後は審査申請
後は審査待ちです
私の場合は16日後に合格通知が来ました

合格の連絡が来たら、LINEから「リリース」ボタンを押すと販売開始です

連絡のイメージは ↓こんな感じ
リリースボタンを押した後、数時間後に販売ページに反映されました

こんな私でもLINEスタンプが作れたとい喜びでいっぱいになりました!

1度は挑戦する価値があると思います
素敵なスタンプをぜひ作ってみて下さいね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

私が作成したスタンプを紹介します

絵柄16個




2017.11.9
スポンサーリンク