カテゴリ: 妊娠出産

IMG_0060
関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
長女次女に続き今回は三女の話

三女が新生児の頃
なぜか乳の先っぽで飲む子で
しっかりくわえてくれませんでした

しっかりくわえる方が刺激が加わりやすく母乳の出が良くなりトラブルが少ないと聞きました

3人目なので母乳の量で困らないから大丈夫かと思い
そのまま授乳をしていたら…

ある日、ちく〇が切れましたww
下の方が裂けたのです

新生児と言えば授乳時間は2~3時間の時期
傷が治る暇もナシ
なので知ってる限りのケアをしましたがダメでしたw

授乳時間がくるのが恐怖で、授乳するたびに変な汗が出るほどの激痛
痛みで足をバタバタさせながら必死で授乳をしていました

1ヶ月検診でお薬をもらいようやく落ち着きましたが
薬が赤ちゃんの口に入ってはいけないので、気を使い疲れた時期でしたw

新生児の頃からみんな違う育児だったので
育児は奥が深いw

痛みやトラブルがある時は我慢をせず病院に行った方がいいかもしれませんw
新生児のママ、頑張って!!

IMG_0058
関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
前回は長女の話で今回は次女ですw

次女が新生児の頃は
長女のお陰で母乳のルートが出来上がっていて
私も授乳のコツを心得済み
一番有り難かったのは、長女に比べて母乳を飲むのが上手な子でした

お陰で1人目の時と比べ母乳の出が良く大喜びしていたのですが…

出が良すぎることで
水圧というか…乳圧と名付けたらいいのか…

赤ちゃんの刺激が加わった私の乳は
赤ちゃんのために大急ぎで母乳を作り勢いよく噴射するようになりましたw

そのせいで母乳が赤ちゃんの喉の奥に当たるのか?
飲むスピードと口に入ってくる液体の量のバランスが崩れるのか?
次女はよく母乳で溺れていました

出ないと困るし出過ぎも困るw
授乳は はいどーぞ♪のノリでは済まず、食べ物や水分で調節したり
痛みやストレスがあると全然出なくなるしww

ママは大変です
ママは大変なのです(大事な事は2回言うw)

では次は三女の新生児の話w
三女は三女で大変な思いをしました

IMG_0049
関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
長女を出産してすぐ、まだ入院中の頃の話

不慣れで授乳を頑張るものの
なかなか飲んでもらえず困っていました

そこで助産師さんに
あまり母乳を飲んでくれないような気がする、と伝えたら

助産師さんは赤ちゃんを抱っこし
赤ちゃんの口を人差し指で優しくトントンとしました

その刺激で赤ちゃんは口を開け、口の奥で舌が少し動きました

その様子を確認した助産師さんが一言

この子(母乳を)飲むの下手やねw

ええええええ……

飲むのが下手なのか…そりゃ飲まないと感じるわけだw
飲むのが上手な子は口がもっと動くそうです

私の場合
1人目で母乳が出るルートがまだちゃんとないのに
長女が母乳を飲むのが下手に加え、
長年、空手をしていたので筋肉で胸が硬く、出が悪い方と助産師さんに言われました
悪条件が重なり、完全母乳の夢は叶いませんでしたが

混合のメリットデメリットを知り
次女三女の時は完全母乳で育てる事ができました
完母に関しては意地もありましたがw

今、なかなか上手くいかなくても未来は暗くなく
授乳はいつか終わるので短い授乳期間を満喫しましょうw

三姉妹それぞれ飲み方が違ったので次は次女の新生児の頃を書きますw

授乳期間中のママ達がんばってええ

F95771F8-0E34-43AB-A3B9-7F269796EEAB

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
初めての育児はトラブルに自ら突っ込んでいった事もあります

無事、出産を乗り越え
里帰りから自宅に戻って
自分へのご褒美に高級バニラアイスを食べました

まさかこのアイスが原因でこの後痛い思いをするとは…

バニラアイスだけが原因ではないと思いますが
乳腺炎になりかけました

助産師さんを自宅に呼んでマッサージを受けた時の会話で
まだ軽症ですと言われ安心しているところ

助産師さんが過去に大変だった患者さんは
先端で詰まってしまった物を

針でほじって出したそうです

…恐ろしい…

この話を聞いた時、詰まらせてはならぬ!と心に誓い
こまめに授乳、和食を心がけ、体内に母乳を残さないようにしたお陰か
乳腺炎に関してはこの日以外は大きなトラブルもなく卒乳を迎えました

ママの食べ物で作られる母乳は
食べたもので味が変わるそうで
赤ちゃんにとって美味しくない母乳は飲みっぷりが悪かったり
噛まれたような…記憶違いだったらごめんなさいw

乳腺炎の経験が何度もあるママに話を聞いたら
毎回炎症を起こす場所が違っていたそうです

食事を気をつけるだけでトラブルが減るので
卒乳を迎えるまで授乳中のママ頑張って!

ABBCC612-EB63-4FB8-91AC-6DD8DDFEF8FA

関西で三姉妹を育てている私
これは経産婦の頃の入院中の話です

お世話になった産院は
普段は新生児室で過ごしている赤ちゃんを
お腹が空いたタイミングでママの部屋まで連れて来てくれました

少し余談をw
長女の時は総合病院は赤ちゃんと別室で
決められた授乳時間に授乳室へ行くやり方でした

授乳のために寝ている赤ちゃんを無理矢理起こさないといけない時もあったので、この 赤ちゃんのタイミングで授乳できる病院の方針は とても有り難かったです

なので産院を選ぶ時のポイントとして
赤ちゃんと別室の病院と分かった時
授乳は決められた時間でしか出来ないのか、自由なのかを確認するといいかもしれません

本題にもどりますw
授乳が終わり
本来なら新生児室に赤ちゃんを戻さないといけないのに
少しだけ添い寝をしてしまいました

そして そのまま深い眠りへw

赤ちゃんが新生児室に戻って来ないので
授乳にトラブっているのか確認に部屋にきた助産師さんの第一声が

キャーーーーーー!!
赤ちゃんがいない!!!!

でしたw

赤ちゃんがいるはずの移動用のベッドに
赤ちゃんがいないのですからビックリ仰天だったと思いますw

連れ去り事件と一瞬勘違いさせてしまいましたw
あの時の助産師さんゴメンなさいw 

FFC00C7A-2303-4AC6-B4FB-8D88D5CE7D39

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
出産を3回経験するといろんな経験をしますw

破水のタイミングは赤ちゃんによって色々です
妊婦にとって1番安心なのは病院で人工的に破水をさせる方法かな

私の場合ですが
長女の出産で
ようやく分娩台へ

痛さマックスの時に

バン!!!

最初は何の音かと分からず 
音が鳴った方向を見ると…

入院からお世話になっていた看護師さんがびしょ濡れになっていました

あ…ごめんなさい

分娩台で勢いよく破水して看護師さんを羊水まみれにしてしまったww
テンションだだ下がりになって消えていく看護師さんが見えました

出産はいろいろな物語がありますね!w 

46F58206-88D0-45C7-95C0-0DA081458BDE

関西で三姉妹を育てている ゆぴわぴです
三姉妹=出産を3回経験しています
◯◯を3回経験して毎回違った第3弾ですw

1人目は
入院から17時間かかりました

どこまで痛くなるか分からない恐怖
叫ぶと体力を消耗するので叫んではいけないのに叫び続けてしまい
挙句 切開でお尻まで切られ大量出血で気を失いました

体力の消耗と貧血
慣れない育児と極度の睡眠不足になってしまったため
産後の戻りは良くありませんでした 

2人目は
逆子体操も虚しく帝王切開になりました
1人目で陣痛がツラかったので
陣痛を経験しなくていいなんて素敵♬と喜んでいました

帝王切開の手術は15分ほど
親族に いってきます♪と元気に手を振りながら分娩室に行ったのに
産後はストレッチャーで運ばれる状態でグッタリ

麻酔が切れてからは激痛でした
またこの経験は改めて記事を書こうと思います

3人目は
なんと帝王切開の後なのに自然分娩を許可していただきました
これは珍しいと思います
帝王切開の後の痛みが本当にツラかったので許可をいただいた時は嬉しかったのを覚えています

その代わり
出産予定日までしか待たない事
分娩中に異変があれば帝王切開をするというのが条件
でした

三女は出産予定日の前に生まれなかったので
陣痛促進剤を使う事になりました

私は陣痛促進剤(人工的に薬で産む事)に抵抗があったのですが
いざ使ってみたら…3時間で産まれました!!

1人目の時の経験で叫ばないと決め
痛みの頂点を知っているため恐怖もなく
陣痛促進剤のお陰で体力消耗もなく
産後が元気過ぎて
短時間で産むとこんなに元気なのか!と驚きました

出産も毎回違い貴重な経験をしましたw
経験をする事で
抵抗があった事が肯定に変わったり
理想と思った事が実は困難な道だったりw

あ!最後に
陣痛の痛みでつらい時
家族にさすってもらうシーンがよくありますが

助産師さんにお願いしましょう!

働いている助産師さんの手を止めるのは申し訳ないとか遠慮をしてはいけません!!
助産師さんはプロです
陣痛の痛みを取るマッサージもプロです


痛みから救ってくれます

出産直前は不安になりますが
助産師さんと力を合わせて出産を乗り越えて欲しいと思います
産後も助けてくれるし助産師さんは天使✨

出産は一大イベント!
これから生まれてくる赤ちゃんとママにとって素晴らしい日になる事を願っています

↑このページのトップヘ